バドくんのはなし  ⑪ 「尻もち」


バドくん

◇スポンサーリンク




 

 

 

ネコトヒトのSNSはこちら

 

◆Instagram

◆Twitter

◆Facebook

 

↑フォローお待ちしています。

 

 

 


◇スポンサーリンク







 

 

 

「バド、バド・・・」

 

 

 

ぐっすり寝てた

バドくんは、

名前を呼ばれ

ゆっくりと

目を開けます。

 

 

 

真っ暗な夜の中、

アルとチチリが

バドくんの顔を

覗きこんでいる。

 

 

 

どちらもニコニコ。

 

 

 

 

 

 

「もう真夜中だよ、バド。

ナイトツアーだよ!」

 

 

 

チチリがそう言って

アルの背中に乗りこみます。

 

 

 

「ふぁい。」

 

 

 

バドくんは

寝ぼけ眼で返事する。

 

 

 

たぶん・・・

バドくん、

よくわかっていません。

 

 

 

ポヤポヤ。

 

 

 

「背中に乗れ、バド。」

 

 

 

アルが言います。

 

 

 

「ふぁい。」

 

 

 

バドくん

言われるがまま

アルの背中に

のそのそ乗りこみます。

 

 

 

でもバドくん、

まだまだちゃんと

起きてない。

 

 

 

やっぱり、

バドくんポヤポヤ。

 

 

 

「ちゃんと、

つかまっとけよ。」

 

 

 

「ふぁい。」

 

 

 

アルの言葉に

返事をしながらも

バドくんポヤポヤのまま。

 

 

 

「いくぞ !」

 

 

 

アルが翼を動かしはじめ、

そして夜の空に向かって

飛び立ちます。




が・・・

 

 

 

「わぁぁーーー !!」

 

 

 

 

 

どしんっ!

 

 

 

 

 

ちゃんと

つかまっていなかった

バドくん。

 

 

 

アルの背中から、

落ちてしまいました。

 

      

 

落ちて

尻もちをついちゃった

バドくん。

 

 

 

やっと目が覚めたのかな?

 

 

 

笑いながら

戻ってくる

アルとチチリの顔が

よーく見えました。

 

 

      

      

 


 

 

 

 

バドくんは今日、

どしんっ!と

尻もちをつきました。

 

 

 

 

 

 

 

バドくん
バドくん

 

 

 

 

 

つづく