バドくんのはなし  ⑤ 「鳥たちの森」

バドくん
バドくん

◇スポンサーリンク




 

 

 

ネコトヒトのSNSはこちら

 

◆Instagram

◆Twitter

◆Facebook

 

↑フォローお待ちしています。

 

 

 


◇スポンサーリンク







バサバサバサバサ。

 

 

 

大きな鳥

着地します。

 

 

 

「着いたぞ。」

 

 

 

バドくんは、

大きな鳥の背中から降り、

ちょっと大きな森の前に

立ちました。

 

 

 

「鳥たちの森?」

 

 

 

バドくん、

大きな鳥に問います。

 

 

 

「ああ。

多くの鳥たちが

暮らす森だ。」

 

 

 

大きな鳥が応え、

そして問います。

 

 

 

「名前は、おまえ?」

 

 

 

「僕はバドだよ、バド。」

 

 

 

「バドか・・・いい名前だ。」 

 

 

 

大きな鳥が言います。

 

 

 

「バドにごはんを

食べさせてやる。」

 

 

 

「やったー!」

 

 

 

もちろん、

バドくん大喜び。

 

 

 

バドくんのお腹も

グウグウと大喜び。

 

 

 

グウグウ

 

 

    

「ただしバド、この森で

鳥を食べちゃダメだぞ。

 

 

 

食べないよっ!

 

 

 

「それとおまえも鳥に

食・べ・ら・れ・る・な・よ。

 

 

 

「僕が?」

 

 

 

ここには、

俺より大きい

鳥だって暮らしてる。

一応気を付けていてくれ。」

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

      

 

 

(本当?

この大きな鳥より

もっと大きい鳥?

すごいぞ、ここ!

もっと大きい鳥

見てみたい!)

 

 

 

バドくん、

恐怖心よりも

好奇心が

膨らんでいるみたい。

 

 

 

 

 

 

大きな鳥とバド、

鳥たちの森の中へ。

 

 

 

森の中に

足をふみいれると、

そこは大きな木々の葉が

太陽を遮り

ちょっとうす暗い世界。

 

 

 

空気もヒンヤリとしています

 

 

 

そして静か。

 

 

 

でも・・・

 

 

 

耳を済ませば・・・

 

 

 

どこかから

色々鳥たちの話し声が

聞こえてきます。

 

 

 

カカカカカカー

 

 

 

ヒョロロロロー

 

 

  

って、

鳥たちの声が。

 

 

 

 ▢

 

 

      

羽ばたく音も

 

 

 

バサバサバサバサ

 

 

 

バタパタパタ・・・

パタパタパタ

 

 

 って。

 

 

 

木の枝や木の葉が

動く音も。

 

 

 

ガサガサガサガサ

 

 

 

カランカラン

 

 

 

って。

 

 

 

 

 

 

うす暗くヒンヤリとして

静かな森の中。

 

 

 

ここで暮らす

鳥たちの出す音が

よりいっそうの

静けさを感じさせる

鳥たちの森。

 

 

 

すべてが

森に包まれているみたい。

 

 

 

 

 

 

 

「ねえー、名前は?」

 

 

 

歩きながら

バドくんが大きな鳥に

問います。

 

 

 

「ん?俺か?俺はアルだ。」

 

 

 

大きな鳥が応えます。

 

 

 

「アルって

言うんだ~、

アル~~~。」

 

 

 

バドくん、

大きな鳥の

名前を知って嬉しそう。

 

 

 

アルは

何て言う種類の鳥なの?」

 

 

 

「おおとんびだ。」

 

 

 

「おおとんび?」

 

 

 

「ああ、

大きなとんびで

おおとんびだ。」

 

 

 

「とんび知ってるか、バド。」

 

 

 

「知らない~。」

 

 

 

「そうか、

俺がとんびだ。

覚えとけ、バド。」

 

 

 

「うん、

とんび覚えたよ。

アルがとんびだもんね、

おおとんびだ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バドくんは今日、

とんびを覚えました。

 

 

 

 

バドくん
バドくん

 

 

 

 

 

つづく