◆黒猫ののこ ⑦ 不思議ねこ

黒猫ののこ
久々の主役・・・

*このページは、素敵な猫暮らし提案サイト

nekotohito(ネコトヒト)の

猫ブログ・猫記事のページです。


★ネコトヒトメニュー


◇スポンサーリンク




上記ブログランキング

一応参加しています。

やっぱり、
ランキングは上げたいです・・・

 

出来ましたら、

上記2個のバナーの
ワンクリックのご協力

お願いいたします。


ネコトヒトのSNSはこちら

 

 

◆Instagram

◆Twitter

◆Facebook

 

↑フォローお待ちしています。


 

 

 

ののこは僕から見て不思議猫。

 

 

 

大人なのか子供なのか、、、

 

 

 

保護された方から

子どもを生んでいたと

聞いてますので

もちろん大人なんですけど・・・

 

 

 

でもほんと、

大人なのやら子供なのやら。




うちの末っ子です。

 

 

 

そして、

とにかく

ののこは不思議猫。

 

 

 

 

 

 

ひとつ屋根の下でののこと暮らし、

毎日ののこの顔も見ているのに、

いろいろ顔が変化して見えちゃう。

 

 

 

あれれ、

ののこって、

そんな顔だったっけーって

思うことたびたびです。

 

 

 


黒猫ののこ
基本、こういう顔ですけど・・・

 

 

 

ちなみに最近、

僕から見るとののこ、

人間の顔に

近づいてきているような・・・。

 

 

 

 

黒猫ののこ
そう? ののこが人間の顔に?

 

 

 

 

こないだまでは、

ののこは、

小熊みたいな顔に

見えていたんですが・・・

 

 

 

なんでだろうね、ののこ?

 

 

 

 

 

 

そして、

ののこはたぶん不器用な猫。

 

 

 

動きも性格も。




まず動きでは、

猫らしいしなやかさが・・・




・・・




・・・




足りません。

 






ちょっと体も硬そうです。

 

 

 

ののこがおもちゃを

追いかける動き、

なんかカクカクしています。

 




想像して下さい、

カクカク動くののこを。

 


 

 

 

 

性格もたぶん不器用。

 

 

 

ののこは、

上手に甘えられません。

 

 

 

今うちで一緒に暮らす

しじみと比べると、

ののこはほんと甘え下手。

 

 

 




でもののこ、

撫でられることは好きみたい。







ののこ、

私たちに撫でられる場所は、

なぜかソファーの上って

決めているみたいです。

 

 

 

以前から

ソファーに座りながら

ののこを撫でてるうちに

ソファーの上は

ののこが撫でられる場所って

決まったようです。




ののこルール。

 

 

 

だからののこ、

私たちを見て、

ソファーの上に

ダッシュすることが

多いです。

 

 

 

例えば、

椅子に座って

パソコンをしてて

椅子から立ち上がる。




それを見て、

ののこはソファーの上に

ダッシュ。




ののこの頭の中は、

たぶん・・・




「ののこの時間ですねー。」




だから、

ソファーの上で、

ののこは撫でられ待機します。

 

 

 

 

 


でも・・・

だいたい違います。




椅子から立ち上がった理由って、

トイレだったり、

出かけるから

着替えるためだったり。




ののこをソファーで

撫でるタイミングじゃ

ないことが多いです 。




じゃあ、

ソファーに座らない

私たちを見て

ののこはどうするかって・・・?




ののこはソファーの上で

私たちが来て

撫でてくれることを

ずーっと待ってます。

 

 

 

声を出さずに

静かに待ってます。

 

 

      

だから長い時間、

ののこはそこにいます。




声を出してアピール

するわけでもなく、

ひたすらに、

そして静かにののこは

ソファーの上で待ってます。




そして、

私たちがずっと、

隣に座らないと

いつのまにか

ののこはそこで

ふて寝をしちゃっています

 

 

 

やっぱり、

ののこはどこか

不器用みたいです。

 

 

 

 

 

 

そして、

それを見た

頭の良いしじみ。




こんなこと

考えているのじゃ

ないでしょうか?

 

 

 

 

しじみ画像 
撫でてって呼びにいけばいいのに・・・

 

 

 

でも、

呼びに来ないのが

ののこ。

 

 

 

 

だから、

ののこは今日も

ずっとそこで待っていて

くれるんです。




「お待たせののこ!」って、

私たちに撫でられることを。

 

 

 

黒猫ののこ
できればもっと、早く来て欲しいです・・・

 

 

      

 *

上の写真はイメージで、

ソファーの上ではございません。





ありがとうございました。






◇スポンサーリンク