◆ ボトリと仔猫達が落ちてきた~!

しじみ画像
かっ、かわいい~

*このページは、素敵な猫暮らし提案サイト

nekotohito(ネコトヒト)の

猫ブログ・猫記事のページです。


★ネコトヒトメニュー


◇スポンサーリンク



 

  

2016年6月とちょっと前のはなし。

 

 

ちょっと前の話となりますので

忘れてしまっている部分や

記憶違いの部分も

あるかもなのですが

覚えている部分で。

 

 

 

 

私達と一緒に暮らすしじみ。

 

 

ある日の昼過ぎ午後3時ごろ、 

そのしじみ。

 

 

落ち着かない感じで

窓の外を見ています。

 

  

うちの敷地の隣の駐車場のほう。

 

  

ずっと見ています。

 

 

どうしたの?

 

 

しじみ画像
あそこになんかいる気がするのよ。

 

 

窓の外を見ても、

なにかが見える訳ではありません。

 

 

見える訳ではないのですが・・・

 

 

でも、聞こえる気がします。

 

 

かすかに・・・

 

 

(ニャァ)

 

 

猫の鳴き声。

 

 

本当に聞こえています。

 

 

子供の声?

 

 

妻が気になるからと

駐車場の方を見に行きました。

 

  

そして・・・

 

 

しばらくして

妻が帰ってきました。

 

 

この子と一緒に。

 

 

猫のあこみこ
ジャン!

 

 

え?

 

 

ええええええええ?

 

 

聞いてみると、 

どうやら駐車場に

止めてあったバイク。

 

 

そのバイクにかかっていた

バイクカバーから

声が聞こえたので

見に行ったら目の前で

ボトリと落ちてきて

しまったとのこと。

  

 

この子。

 

 

猫のあこみこ
エヘヘ

 

 

ええええええええ?

 

 

近くで母猫らしき猫も

見たと言っています。

 

 

でも、その猫が

いなくなってしまったと。

 

 

ほってはおけないので

とにかく連れて帰って来たと。

 

 

 

 

話を聞いて、

僕も妻と一緒に

母猫を探すつもりで

駐車場へ。

 

 

 

 

昼下がりの駐車場は静かでした。

 

 

誰もいません。

 

 

母猫もいません。

 

 

そしてそこにあった

カバーがかかったバイク。

 

 

その前に立ってみます。

 

 

ん?

 

 

んんん?

 

 

風もないのに

バイクカバーがモゾモゾと。

 

 

え!

 

 

えええー!

 

 

まだ、いるの!?

 

 

ほぼ確信。

 

 

ちょっとカバーをめくってみます。

 

 

ほんのちょっと、 

ほんのちょっとだけ。

 

 

ほんのちょっとだけ

めくっただけなのですが・・・。

 

 

ボトリ。

 

 

落ちてきましたよ、この子。

 

 

猫のあこみこ
ども~!

 

 

もちろん本物は

「ども~!」なんて言いません。

 

 

それよりも、

落ちた瞬間猛ダッシュで逃げ出した!

 

 

わっ!

 

 

こんな仔猫がやみくもに。

 

 

これは、ほっておけない!

 

 

走って仔猫を捕まえます。

 

 

なかなかの抵抗、

ジタバタジタバタ。

 

 

でも確保。

 

 

捕まえてみたものの・・・、

もう一度バイクカバーに

戻していいとも思えない。

 

 

母猫もいないし・・・。

 

 

この子も連れて帰りました。

 

 

 

 

さて私達夫婦二人、

この時まで外猫を

保護した経験なんてなく、

どうしたものかと・・・。

 

 

ただ目の前には、

現実として

こんな小さい仔猫達がいる。

 

 

仔猫達、

ダンボール箱の中に入れたので、

その箱の中の角に2匹重なって、

私達に怯えています。

 

 

震えてる。

 

 

う~ん・・・。

 

 

 

 

もともとは、

しじみも外猫でした。

 

 

里親として私達が

家族になりました。

 

 

そのしじみを譲り受けた時 

お世話になった方々に

相談してみると

それは保護したほうがいいと。

 

 

この子達の命を考えたら

そうだよな―って思う私達。

 

 

とは思いつつ・・・

どうしたものかと・・・。

 

 

実はもともと、

この日の2日後に、

里親が決まっていない

保護猫を預かる約束もあって。

 

 

 

猫のあこみこ
シュワッチ!

 

 

ちなみに、

その約束で預かった

保護猫というのがご存知、

この黒猫ののこ

 

 

預かってそのまま

うちの家族になりました。

 

 

□ 

 

 

でもこの時は

どうしたものかと・・・。

 

 

念のため、

もう一度母猫を探しに妻と外へ。

 

 

妻が見つけました。

 

 

うちの家をはさんで

駐車場と反対側の敷地で。

 

 

なんと、

同じぐらいの大きさの

茶色の仔猫が一緒にいます。

 

 

妻が近寄ってみると

母猫が少し逃げ、

その茶色の子だけが

残ります。

 

 

妻がその子を

抱き上げてみると・・・

 

 

フンギャギャ

ガギャギャ-

 

 

激おこで大暴れ。

 

 

あまりの大暴れに

妻も取り逃がし

茶色い子はどこかに逃げて

行ってしまいました。

 

 

母猫もいない。

 

 

ちなみに、

その時逃げた茶色い子。

 

 

猫のあこみこ
僕だよ~!

 

 

そう、りう坊

 

 

(最近りうくんのことは、

うちでりう坊と呼んでます。)

 

 

この日から数か月後に保護し、

今は里親さんも決まって

素敵な幸せが待っているりう坊でした。

 

 

 

 

結局この時は、

母猫もりう坊もいなくなってしまったので

家に戻ります。

 

 

もう保護するしかない・・・

 

 

わりと自然と心も

決まっていました。

 

 

 

 

ところで、

あまりにも小さいこの子達。

 

 

しじみと同じものは

与えられないから

仔猫用のフードや、

そのほか必要なものを

急いで買い出しへ。

 

 

そして帰ってきたら

とにもかくにも動物病院へ。

 

 

見るからにボロボロなので

いろいろと検査や処置も

してもらわないと・・・。

 

 

上の写真も

その病院の時の写真ですが、

その時の様子が

とにかく可愛いので

一挙大公開。

 

 

先生と看護師さんに

やられ放題です。

 

 

どうぞ!

 

 

 

クリックで拡大します。

 

 

 

可愛いですよね?

 

 

でもこの子達、

怯えながら、

やられ放題だったのに

先生が、

 

 

「食べるかな~?」

 

 

ってご飯を出すと・・・

 

 

 

 

プシュプチュ

プシュプチュって

音を立てて

凄い勢いで

ご飯を食べてました。

 

 

お腹も空いていたんだろうけど

なかなかの頼もしさ。

 

 

 

 

病院の診察と処置は

無事終了し

この子達の体に

おかしなところはなく、

ひとまず安心。

 

 

生まれて1ヶ月、

どちらも女の子達でした。

 

 

 

 

疲れたであろうこの子達、

家に一緒に帰ってきて、

まったりお疲れモードです。

 

 

 

 

そして、

翌日撮った

この子達の写真も。

 

 

 

 

可愛いでしょ?

 

 

 

 

最後に、

保護してから約1ヶ月弱、

ちょっと大きくなった

この子達の動画がこちら。

 

 

 

 

あんなにボロボロだったのに、

綺麗な仔猫になりました。

 

 

 

 

なお、

今はこの子達、

もっともっと体も大きくなって

優しい里親さんのもとで

姉妹一緒に幸せに暮らしています。

 

 

 

 

前に夫婦二人で

ドキドキで会いに行ったら・・・

 

 

当たり前ですけど・・・

 

 

わかっていたんですけど・・・

 

 

・・・ 

 

 

忘れられてて、

逃げられて隠れられました。

        

  

・・・

      

 

とにかく元気で幸せに暮らすんだぞ。

 

 



◇スポンサーリンク




↑上記ブログランキング

 参加しています。

   ワンクリックのご協力

 嬉しいです。