◆ 猫をカメラで撮るということ ②

黒猫ののこ;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

黒猫ののこはモデルさん♪


*このページは、素敵な猫暮らし提案サイト

nekotohito(ネコトヒト)

猫ブログ・猫記事のページです。

猫ブログ・猫記事のトップページはこちらから


◇スポンサーリンク



最初に告知させてください。

 

 

 

 

 

 

このnekotohitoのサイト内で、

nekotohito.shopをオープンします。

ウェブショップです。

もちろん猫アイテム。 

 

 

 

 

タイトル画像で

ののこがお洒落している

リボンもその一つ。

 

 

 

 

 

オープンが近くなったら

またお伝えいたしますが、

 

 

 

 

 

 

”どうしよう・・・

 ウチの猫の可愛さは規格外かも”

 

 

 

 

 

そんな親バカのお客様、

是非お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

その想い、

私達も同じです。

 

 

 

 

 

 

そして・・・

その想いをさらに上昇させる

アイテムを準備しています。

 

 

 

 

 

 

猫と人が暮らす中で

もっともっと、

猫達が可愛がってもらえますように♡

なんて思いながら準備しています。

 

 

 

 

 

ところで 昨日は、

ののこがモデルさんを

してくれました。

 

 

 

 

 

太陽が出てる時、

ちょっとずつしか

撮影しない中、

ののこは、

自分がモデルしていること

わかってるような

気がしています。

 

 

 

 

 

 

そん時だけ、

なんか雰囲気が

違う気がするんです。

 

 

 

 

 

 

そんなののこの

昨日のベストショットがこれ!

 

 

 

 

 

 

 

黒猫ののこ;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

えっ、スーパーモデル ?


 

 

 

 

 

 

最近、ちょっと丸みを帯び

小熊みたいに見えてきた

コミカルなののこが、

この雰囲気でモデルさんを

してくれてるんです。

 

 

 

 

 

撮影中、

「ののこ、わかってるでしょー?」

って何回も聞いてしまいました。

 

 

 

 

 

でも、

ののこは猫。

 

 

 

 

 

 

少しするとこうなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒猫ののこ;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

「ののこ、飽きちゃった~。」


 

 

 

 

 

 

 

撮影終了~~~。

ののこさん、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

「あちらに、猫じゃらしと

大好きなダ・バード

用意していますので・・・」

 

 

 

 

 

こうして、

ののこと遊ぶこと大好きです♪。

 

 

 

 

 

***************************************

 

 

 

 

 

カメラの話です。

 

 

 

 

前回カメラの

マニュアル設定について、

 

 

 

 

①ISO感度

→明るさが維持できる中で

   できるだけ小さくしたい。

 

F値(絞り値)

猫の撮影は小さいままでいい。

   個人的に背景がボケるのも好き ♡

 

③シャッター速度

→できれば少し早くしたいけど、

 ISO感度と猫の動きとの調整次第。

 でも、手ぶれとか関係なく考えて

 ピントも合っているのに

 撮ってブレているなら、

 早くしなきゃいけないです。

 

 

 

 

 

以上の①~③を書きました。

 

 

 

 

ここから覚えていくなら、

ドンドン撮影してしまうのが

最良です。

 

読みながら

一緒にカメラで撮影

していただく気持ちで

書いていきますね。

 

 

 

 

 

 

今回は、

 

 

 

 

 

 

「太陽の光を浴びて

静かに寝ている猫」

イメージしてみます。

 

 

 

 

 

 

猫しじみ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

これが、

太陽の光を浴びて

静かに寝ている猫


 

 

 

 

 

最初だけちょっと

面倒なのですが、

まずカメラを

マニュアルにし

下記6項目を

このように設定して下さい。

 

 

 

***************************************

 

 

★カメラ

 

◆フォーカス切替

→オートフォーカス

 

◆オートフォーカスエリア

→中央重点

 

◆オートフォーカスモード

→シングル

 

◆ドライブモード

→連続撮影

 

 

 

 

★明るさ色合い

 

◆ホワイトバランス

→太陽光

 

◆測光モード

→中央重点 

 

 

 

 

***************************************

 

 

 

 

 

以上の設定も

もちろん好みや撮影シーンで

変わります。

自由でいいんです。

 

 

 

 

ただ自分が

最初にわからなかったのが

マニュアルって、

設定項目が多すぎる!

 

 

 

 

しかも、

どれが重要で

どれが重要じゃないのか

意味がわからなくて

敬遠してたんです。

 

 

 

 

 

 

カメラ撮影で重要なのは、

 

 

①ISO感度

F値(絞り値)

③シャッター速度

 

この3アイテムです。

ほんと、これ。

 

 

 

 

 

だから、

この3アイテムで

カメラをいじることを

覚えてしまえば

上記6項目は、

言葉の意味さえわかれば

設定できる話なんです(たぶん)。

 

 

 

 

 

ということで、

今回のイメージで

上記6項目は設定を

決めてしまいます。

 

 

 

 

 

 

ドンドン進みましょーと

言いたい所なんですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて・・・・

 

 

 

 

 

 

 

ここまで書いてきて、

大事なこと

聞き忘れてたかも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「太陽の光を浴びて

静かに寝ている猫」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っています ?そこに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにはいますけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

いればいいのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

もし、

いないようでしたら、

すみません、

代わりに茶碗を

置いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

「太陽の光を浴びる

置いてある茶碗」

 

 

 

 

 

 

のイメージです (*´з`)。

 

 

 

 

 

 

今回の撮影場所は、

太陽を浴びる場所。

明るい場所です。

 

マニュアル設定を覚える時は

絶対明るい場所がお薦めです。

 

 

 

 

 

では、

大事な3アイテムの設定。

 

 

 

 

 

★F値(絞り値)

これは前回も書きましたが

お手持ちのカメラで

一番最小の数字に設定です。

明るさも確保できます。

 

 

 

 

★シャッター速度→

動かない猫(茶碗)を撮影するので、

例えば三脚でとるなら

カメラは全くブレず、

シャッター速度を1/10みたいに

かなり遅くしても大丈夫です。

そうすれば明るさも確保できますが、

普通カメラは手にもって撮影ですよね?

今回はシャッター速度は

1/125にしてみて下さい。

これぐらいのシャッター速度で、

少しの手ブレなら

ピントなんとかなってます。

 

 

 

 

 

 

★ISO感度

 

今回は明るい場所での撮影です。

まず ISO100で撮影してみてください。

次にISO200、ISO400って上げて

撮影してみてください。

どんどん明るくなっていると思います。

一番素敵な明るさのISOを選んでください。

 

 

 

 

 

 

 

これで基本的には設定完了です。

最初の6項目の設定で

ピントを合わせるエリアが

中央重点になってますので

猫の目(茶碗の柄?)に

ピントに合わせ

撮影してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

い・か・が・で・し・ょ・う・?

 

 

 

 

 

 

 

マニュアルの切れ味は

追加されました・・・?

 

 

 

 

 

 

 

***************************************

 

 

 

 

 

 

今の設定でISO感度は

合わせてあるので、

ここからシャッター速度を

上げたり下げたり

してみてください。

明るさが変わりますよね?

 

 

 

 

 

 

 

猫達に動きがあれば、

ピントを合わせるために

シャッター速度は

上げなければいけませんが

明るさも変わるということです。

 

 

 

 

 

最後にF値(絞り値)を大きくして

撮影してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

最初の方が、

猫(茶碗)が可愛くなかったですか?

 

 

 

 

 

 

個人的感覚ですが・・・

 

 

 

 

 

 

F値(絞り値)は小さいままで

おすすめいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

三毛猫しじみ;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

可愛く撮ってね♪


 

 

 

 

 

 

 

◆猫をカメラで撮るということ ③につづく

 

 

 

 

 

 

 

↑上記ブログランキング

 参加しています。

   ワンクリックのご協力

   嬉しいです。