◆ 黒猫ののこ ⑤

猫ののこ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

ののこちゃん!「・・・ファ~~ィ」


*このページは、素敵な猫暮らし提案サイト

nekotohito(ネコトヒト)の

猫ブログ・猫記事のページです。


◇スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク


今の、ののこの話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ののこ遊ぶの大好きです。

ほんと、大好き ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達得意の「ダ・バード」を

投げようものなら、

98%ぐらいの確率で

ののこは遊びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

ほぼ確実に遊ぶ。

ののこは遊ぶの大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、 

ダ・バードを待つののこって、

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ののこ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

「オ・マ・エ、 ハ・ヤ・ク・ナ・ゲ・ロ」


 

 

 

 

 

 

 

でもこれは、

今のののこの話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は・・・。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初のころ、

とにかくケージの中に

ずっと横たわっていたののこ。

隣のケージで

寝ているか騒ぎまくっているかの

あこみこを横目に

静か静かに横たわっているだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

******************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

これじゃダメだと思い,

ののこもちょっとは体を動かさなきゃと、

ののこをケージから出そうとする。

 

 

 

 

ののこ嫌がる。

 

 

 

 

ののこ

ケージの中に引いてあるクッションや

ケージの枠などにしがみつく。

ののこは必死。

 

 

 

 

ここでののこに負けじと、

ののこを出そうとする。

こっちも必死。

 

 

 

 

ののこ途中で諦める。

 

 

 

 

ののこ渋々ケージから外へ。

 

 

 

 

 

 

******************************************************

 

 

 

 

 

 

 

この繰り返し。

これ毎日の日課でした。

 

 

 

 

 

 

 

出るの必死に

嫌がるののこでしたが、

私達に怒ることは一度もなく、

ただただ抵抗して諦めて、

毎日ケージから出てきたののこ。

 

 

 

 

 

 

そしてののこ、

出てくるとまずこれをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ののこ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

ケージにスリスリ~。


 

  

 

 

 

 

 

 

 

しばらくスリスリしたら、

こちらにきて、この態度。

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ののこ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

「ナ・デ・ル  ?」


 

 

 

 

 

当然、撫でさせていただきます。

ののこ様は首の横あたりを

爪でカリカリされるのが

大好きでございますね。

 

 

 

 

 

 

ののこって、

カリカリしてあげると、

自分でカリカリしてる

気分になるタイプ。

 

 

 

 

 

 

ののこの足が

カリカリカリカリって、

自然にちょっと動きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これって・・・、

 

 

 

 

 

 

可愛いと思う ( *´艸`) 。

 

 

 

 

 

 

 

こう書くと、

ののこと仲良さそうでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

でも、全然仲良くなかったと

思ってます。

 

 

 

 

 

 

だいたい5分か10分、

それぐらいの時間が立つと

ののこはいつも勝手に

ケージに戻ってしまいます。

 

 

 

 

 

3段ケージの一番上、

3段目しか扉が開いてなかったら、

そこまで自分でよじ登って

勝手に戻ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

猫ののこが登る画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

「ノ・ノ・コ・モ・ド・ル」


 

 

 

 

 

 

 

もし全部の扉が閉まっていたら、

ケージの前で、

扉見上げて座って動かなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

これされてしまうと、

なんか悲しかったです。

 

ののこがケージに

戻りたがっているのを痛感して。

 

心が触れ合えてないんだなーって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの感じ、続いてました。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあこの時、

私達がののこと

遊べたのかというと、

もちろん、

まったく遊べなかった。

 

 

 

 

 

 

猫じゃらし、

ダ・バード

その他いろいろ・・・

なんでも投入しましたが、

ことごとく撃沈。

 

 

 

 

 

  

ののこの前でほんと、

何回猫じゃらしを

素振りしたことか。

 

 

 

 

 

 

毎日毎日素振りの練習です。

たまーに一瞬

反応することがあったとしても、

すぐ止めちゃう。

で、そのあとはずーっと無視。

 

 

 

 

 

 

 

無視され続け、 

ならばと、隣のケージにいる

あこみこに猫じゃらしを振ってみると

こっちはこっちで大騒ぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あこ;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

「ガブガブいくぜーっ!

  どんどん来いよー。」


 

 

 

 

なんだろう、この差って。

すごい差でした。

 

 

 

 

 

 

 

よく猫が好む、

物陰から猫じゃらしだけ見せる、

緩急つけてスッと動かす、

もちろん試みましたが

そんなのも全部撃沈でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね今、

ののこ

これ大好きなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ののこ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

「猫じゃーらーしーをガブガブ―」


猫ののこ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

「これは、ののこの猫じゃらしだよっ!

    手を離せ―ーーーーっ」


 

 

 

 

 

 

猫って、ほんと変わるんですねー。

ほんと、嬉しい変化です。

 

 

 

 

 

 

 

あっ、でもののこ。

それはののこのじゃないよ、

それはしじみの。

ののこのはこの間、

ののこが食いちぎったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ののこ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

「おっと・・・そうでしたね。」


 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、

ののこは優しいね ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒猫ののこ ⑥に続く

↑上記ブログランキング

 参加しています。

   ワンクリックのご協力

 嬉しいです。