◆猫と遊ぶという事 ② 猫と人との共同作業 私的なダ・バードでの遊び方編

猫ののこがダ・バードで遊ぶ画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

【ダ・バード 大好き!】


*このページは、素敵な猫暮らし提案サイト

nekotohito(ネコトヒト)の

猫ブログ・猫記事のページです。


◇スポンサーリンク


 

 

 

猫と暮らすうえで猫と人との共同作業、

それが一緒に遊ぶということ。

 

 

 

そして、猫と人が遊ぶならば

猫のオモチャはかかせませんよね。

 

 

 

 

今回はその中でも、

世界的に大人気らしく  

(もともと外国製)

猫のオモチャ界の

スーパースターになるのかな(?)

【Da・Bird】そう【ダ・バード

ついてです。

 

 

 

 

私達も購入して、

それはそれは毎日

猫達と共同作業しておりますので、

今回は完全にダ・バードに対しての

ヘビーユーザーレビューになります。

お付き合い、よろしくお願い致します。  

 

猫グッズのダ・バード画像2;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

ダ・バード

とはいえ、

たぶん、猫暮らしされている方なら、

すでにお持ちの方が多いと

思うんですよね、ダ・バード。

ちなみにアメリカ製で、

羽は七面鳥の羽を使用らしいです。。

だから、羽はしっかり硬めなんですね。

 

 

 

 

 

最初触った時、

硬っ!って思いました。

 

 

 

 

 

なお、気まぐれ猫達相手のオモチャって、

せっかく買ったのに

どう頑張っても遊んでくれない

オモチャが出てきてしまうことがあります。

その時は、やってしまった~って思うのですが、

ダ・バードは評判どうりでした。

流石です。

毎日飽きずに、猫達は羽キャッチしております。

 

 

 

 

 

では、

映像で証拠お見せしましょう。

 

見事に遊んでくれてますね~、ののこ。

 

 

 

 

 

 

じゃあ、

しじみはどうかな、2連発でご紹介。

う~ん・・・

寝っ転がって遊ぶって、

なんともしじみらしい遊び方ですが、

でも、ちゃんと遊んでくれてます。

えらいぞ、しじみ!

 

 

 

 

 

 

そういえば、

私達がしじみと猫暮らしをはじめて、

はじめて、「しじみジャンプ」を見たのも

このダ・バードで遊んでる時

だったような気がします。

ちなみに、

ほとんどジャンプをしない

しじみの「しじみジャンプ」は

一緒に暮らす私達にとってさえ、

貴重な瞬間です。

「しじみシャー」は、最近よくしますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

上にも画像1枚載せましたが、

これが私達の

マイ ダ・バードのです。

猫グッズのダ・バード画像;猫と人,nekotohito,ネコトヒト
猫グッズのダ・バード画像2;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

毎日の猫達からのキャッチ&カミカミ攻撃でボロボロです。

 

 

 

 

 

なお、ダ・バードって、

持ち手の棒の部分は2ピースになっていて、

連結して長くなります。

やっぱり棒は長くすると動かす時に

飛距離やスピードが増して

迫力が出てきますので

普段から私達は連結しっぱなしです。

 

 

 

 

ヒモと七面鳥の羽との接続部分には、

釣りで使う金属製のスイベル使ってますね。

スイベルって、

これ自体がクルクル回るので、

羽が全方向に動き続けてもヒモが

からまりにくいんです。

実は釣りが好きなので、そのこと知ってます。

 

 

 

 

ただ、ダバードのヒモって細いので、

一度結び目が出来てしまうと

ほどくのが困難ですね。

私達は諦めてそのまま放置ですが・・・。

動きには全然関係ないので。

 

 

 

 

あと、スピード出して動かすと

鳥っぽく空気を切る音も出すことができますね。

バサッと。

(ヒモと部品と羽の接触音かも)

とにかく格好いい。

 

 

 

 

 

遅くなりましたが

ここでやっと私的な

ダ・バードの使い方を紹介いたします。

すでに知っていたら飛ばして、

最後のしじみの映像だけ見てください。

とても可愛いので!

 

 

 

 

 

猫グッズのダ・バード画像2;猫と人,nekotohito,ネコトヒト
猫グッズのダ・バード画像3;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

画像の違い、わかります ?

 

 

 

 

上が通常なダ・バードの状態です。

そして、下が私的なダ・バードの使い方。

 

 

 

私的はヒモを羽の部分に一回通しています。

 

 

 

 

 

何故?って思われると思うのですが、

通常の使い方だと

ダ・バードは羽から猫達に向かって飛ぶんです。

 

 

 

 

でも、飛ばすためにオモリとなる部分は

羽の後ろにあるので

羽は空気抵抗を受け

ふわりとした飛び方になります。

映像で見せましょう。

この飛び方です。

これはこれでいいのですがふわりとしてます。

 

 

 

 

 

でも、私的な使い方だと、

オモリを頭にして飛びます。

羽も反対向きになり

圧倒的に空気抵抗が減ります。

 

 

 

 

 

飛ばしてみると飛行機みたいにスイスイ。

オモリで動かしやすくなるから

わりと意のままに動かせて面白いです。

猫達の頭の上でクルリ

なんてことも可能です。

 

 

 

 

 

 

もちろん、映像ありますよ。

スイスイですよね?

気持ちいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん・・・

実は猫達にとってはどっちの使い方でも

いいみたいなんですけどね。

どっちも好反応ですし・・・。

えへへ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますが、

このダ・バードの記事を書くために

しじみと遊んでいたら、

ダ・バードが

こんな悲しいことになってしまいました。

どうぞ、こちらの動画をご覧下さい。

しじみが、

「しじみキョトン」です。

 

 

 

 

 

 

 

今日、ダバードが壊れました。

猫グッズのダ・バード画像4;猫と人,nekotohito,ネコトヒト

新しいダ・バード買おうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫と遊ぶという事 ③ に続く

↑上記ブログランキング参加しています。

   ワンクリックのご協力

   いただけましたら嬉しいです。